恩田絵美プロフィール

 

広島県廿日市市出身。エリザベト音楽大学器楽学科ピアノコース卒業、同大学大学院修士課程を経て同大学大学院博士後期課程を修了、博士(音楽)学位を取得。東京藝術大学音楽学部別科器楽専修(ピアノ)修了。

第10回中国ユース音楽コンクールにて最優秀賞。第15回JPTAピアノオーディションにて入賞、入賞者演奏会に出演。第2回さくらぴあ新人コンクールにて第1位さくらぴあ大賞。第7回万里の長城杯国際コンクールにて第1位及び中華人民共和国駐大阪総領事賞を受賞など、様々なコンクールで優勝、入賞を果たす。これまでにスロヴァキア・レディス室内オーケストラ、エリザベト音楽大学管弦楽団と共演。  

ピアノを濵本恵康、坪田昭三、故ハリーナ・チェルニー=ステファンスカ、對馬寬子。柴田美穗、青柳晋の各氏に、博士論文執筆時には十枝正子、故ホアキン・M.ベニテズの各氏に指導を仰ぐ。

  

最近では各種ピアノコンクールの審査員を務めている。

現在エリザベト音楽大学ピアノ科 非常勤講師、安田学園安田小学校アフタースクール ピアノ教室講師。